機械式時計が大人向けな理由とは!?手入れの重要さを理解しているかが重要です

機械式時計の普段の手入れ

機械式時計を手にして暫くの間は、憧れの時計を手に入れて嬉しい気分から毎日眺めていることでしょう。機械式時計は自動巻きタイプと手動巻きタイプがありますが、自動巻きでは腕時計として実際に装着しておく時間をある程度長く保つ必要があります。日常生活で生じる腕の動きによりゼンマイが巻かれるからです。毎日腕に巻く習慣を付けると共に、ベルト部分の汚れは定期的に自分で綺麗にして行くことが大切です。手入れするほどに愛着が湧いてくるのが機械式時計の特徴と言えるでしょう。

オーバーホールは時計職人に任せる

3年に1回程度の割合で、機械式時計はムーブメントをオーバーホールする必要があります。機械式時計に高級時計が多いのは、オーバーホールをするためには、時計職人による分解とオイル補充や調整が必要となるので、それなりに費用が掛かるからです。定期的なメンテナンスさえ怠らなければ、世代を超えて受け継げる機械式時計は、ゼンマイを用いているので内部では絶えず摩擦による摩耗が発生しています。オーバーホールでは、摩耗箇所の修理も同時に行うので、日数もある程度かかってしまうでしょう。

機械式時計と時計職人はセットで考えたい

機械式時計の中には高級品が多く、複雑な構造をした時計も存在しています。時計職人ならば全ての機械式時計のオーバーホールや修理に対応出来るかといえば、実際には異なります。あまりにも複雑な構造や特殊な時計については、腕の良い時計職人のみが扱えるタイプの製品もあるでしょう。一生ものにしたい機械式時計を見つけても、メンテナンス依頼が出来る時計職人をセットで見つけておかなければ、修理やオーバーホールを頼むことが出来なくなってしまうので注意が必要です。

グランドセイコーは時計のブランドとして非常に有名となっており、ステータスとして身に付けられますので人気もあります。