使っていない屋上は緑でいっぱいにしよう!

屋上緑化で地球を守ろう!

地球の温暖化が叫ばれてもう何年にもなりますが、解決策の1つとして挙げられているのが「植物を植えること」です。植物は蒸散という作用で周囲の温度を下げる効果があります。また、光合成により二酸化炭素などの大気汚染物をクリアにしてくれる働きもあります。屋上を植物で覆うことで建物の断熱性を上げる働きもあり、エアコン効率の向上、節電へとつながります。このように、緑化運動で地球温暖化を防ごうということから注目を集めてきた手法の1つが屋上緑化です。

なぜ屋上に緑を植えるのか?

そもそも広大な土地があれば庭を作って、そこに植物を植えれば良いのです。しかし日本のように狭い国に土地が余っているわけはありません。ビル群など人工物で埋め尽くされた都心部でヒートアイランド現象が発生し問題となっていますが、このような場所はなおさら植物を植える土地がありません。そこで注目されたのが構造物の天井や壁です。どんな建物にも必ずありますもんね。天井なら屋上緑化、壁なら壁面緑化といわれています。なかなか緑をみることができない都心部でも屋上緑化できれば、景観の観点からも人々の心を和ませてくれるのは間違いありません。

屋上緑化で気を付けることは?

ビルの屋上は基本的にコンクリートでできています。しかし植物には土が必要ですよね。なので屋上に土をひき、そこに植物を植えることになります。ただし多量の土は建物にとって危険があるのです。もともと屋上に荷重がかかることを考慮されていない建物がほとんどなので、そこに重たい土を置き、水をやることは構造物にとってリスクがあります。そのために屋上緑化用の軽量土という軽い土が使われています。また屋上という立地上、強風をまともに受けやすいので、背の高い植物はNGです。少量の土でも成長し、風でも飛ばされない芝生やセダムが一般的ですね。

ビルや家屋など屋上は夏はかなり温度が上がります、そこで屋上緑化することによりかなり温度を下げる事がで来ます、エアコン代も浮くのですが、メンテナンスとシーズンが終わってからの処理も考えたいものです。